<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |

本アップ


写真撮影に手こずっていましたがようやく撮れました。
枚数が多いですがよろしければ見てやってください。

| UCHGホバートラック | 18:25 | comments(2) | trackbacks(0) | |

ホバートラック完成



残り部分、細部のウェザリング終了。完成となりました。
前作ワッパ同様「ノンブラシ」仕上げで流用パーツも使わずキットパーツのみを使用。
手すりなども真鍮線には置き換えずに既存パーツをピンバイスで開口しディティールアップという手法を取りました。

| UCHGホバートラック | 22:57 | comments(5) | trackbacks(0) | |

ウェザリング2


車体下面側部を除く部分のウェザリング完了。
面積が広いので時間がかかりました。
車体下回りはブラシを使用しようかとも思いましたが「簡単F」なので
ブラシは使用しませんでした。
昨日同様ウェザリングマーカーとパレットの使い分けです。
明日終了予定。

| UCHGホバートラック | 18:44 | comments(4) | trackbacks(0) | |

ウェザリング1


前回の更新から時間が空いてしまいましたが、ちまちまとウェザリングをやっていました。
画像はホバートラックのソナー部。地面に突き刺さる部分は主にウェザリングマーカーのサンド&マット。その他の部分はウェザリングパレットを使用しています。
この部分は地面に刺さり泥が乾いた状態の所にマーカー、砂埃はパレットと使い分けました。

| UCHGホバートラック | 23:44 | comments(0) | trackbacks(0) | |

錆び書き込み


コピックオレンジ&リアルタッチマーカーブラウンの2色で錆びを書き込みました。
画像では錆びがかなりきつめに見えると思いますが、この後の砂埃処理でかなり明度、彩度が落ちるのでこのくらいがちょうど良い感じです。

| UCHGホバートラック | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) | |

ウォッシング&チッピング



エナメルジャーマングレーでウォッシング後、エナメルフラットアルミでチッピングを面相筆で書き込みました。
チッピングの書き込みはまだ片面が残っていますが、こんな感じです。

| UCHGホバートラック | 19:56 | comments(10) | trackbacks(0) | |

ウェザリング前


車体にデカールを貼り、全体に缶スプレーのフラットを吹いた状態。

貼ったデカールをデザインナイフで「剥離」を入れウェザリングの下準備完了です。
次の行程はエナメルジャーマングレーでウォッシングをして全体の彩度を落とします。

| UCHGホバートラック | 21:35 | comments(2) | trackbacks(0) | |

ホバー部完了


ホバー4基、組み立て完了。
全パーツを缶スプレーつや消しを吹き、シリンダー部はガンダムマーカーの
メッキシルバーを直接塗っています。
本体組み立て完了後にホバーを装着しウェザリングをします。

| UCHGホバートラック | 18:16 | comments(0) | trackbacks(4) | |

ホバー内部塗装


ホバー内部のフィンの塗装(汚し)をウェザリングマーカーで行いました。
左上/塗装前:右上/1層目(ウェザリングマーカーサンドブラウン)
右下/1層目+2層目(ウェザリングマーカーマッドブラウン)
左下/綿棒で擦り2層の色をブレンド及び濃度調整。

| UCHGホバートラック | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0) | |

本体&ホバー部


簡単フィニッシュ予定のこのキットですが手すりは真鍮線に置き換える予定。
その際の作業の妨げにならない部品は先に接着してしまいます。

ホバー内部は前作ワッパ同様フィンをメインにルーターで傷を入れました。
この後、削りかすをデザインナイフで処理していきます。

| UCHGホバートラック | 01:16 | comments(2) | trackbacks(0) | |

| 1/2PAGES | >>